株式会社 渚コーポレーション

豊宝酵素

弊社サイトを模倣した偽サイトにご注意ください。

豊宝酵素 230種類の植物原材料を4年以上発酵・熟成

豊宝酵素は、
Health&Beauty Forever
(永遠に美しく健康であり、活力に満ちた人生でいよう)
という願いから生まれました。

豊宝酵素

豊宝酵素は、自然農法・有機栽培・減農薬などで栽培された果物・野菜・キノコ・穀類・豆類や南国のフルーツ・海藻類・木の芽等、約230種類の厳選された植物原材料を糖類と麹・酵母・乳酸菌などの微生物により発酵・熟成させた酵素食品(植物発酵食品)です。

古来より発酵文化を持つ日本では、植物性の発酵食品が健康に良いものとして永く親しまれてきました。その酵素食品を私たちは、他に類を見ない製品として皆様にお届けいたします。

豊宝酵素が、
他に類を見ない製品であるのには
理由があります。

1.約230種類もの植物原材料を厳選して使用しています。

植物は、種類や生育環境(土壌や気候)が異なると、それぞれ違った酵素(enzyme)や栄養素を持ち合わせるので、豊宝酵素は約230種類もの植物原材料を厳選して使用しました。

2.発酵・熟成に4年以上の歳月をかけています。

豊宝酵素は、独自の麹や酵母・乳酸菌等の微生物を用いて発酵・熟成に4年以上の歳月をかけ、酵素食品の最終発酵といわれる酢酸発酵まで行っているため、他に類を見ない栄養価があります。

3.日本ウエルネス協会の認定酵素食品として認定されました。

豊宝酵素は、2017年、一般財団法人日本ウエルネス協会の厳格な認定基準をクリアし、酵素食品認定を取得いたしました。厳しい第三者機関の認定を頂けたことは、豊宝酵素の品質が本物である証です。

約230種類もの 厳選された 植物原材料を使用

北は自然豊かな日本の山中から、
南は南国の島々や広大な熱帯原生林の大地まで。
多種多様な植物を
惜しみなく使用しています。

植物は、種類や生育環境(土壌や気候)が異なると、それぞれ違った酵素(enzyme)や栄養素を含みます。例えば温暖な地域に育った植物と寒冷な地域で育った植物では持っている酵素の種類が異なるのです。そして、より多くの種類の植物を発酵・熟成させると、「新たな栄養素」を豊富に含有する酵素食品となります。
農薬や化学肥料は使用せず、より多くの酵素を含む作物に育つように自生環境に近い農場で栽培された野菜、果物と、安全な環境で採取された野草、薬草など、豊宝酵素は、約230種類もの植物を惜しみなく使用しました。
南は南国の島々や周囲を熱帯原生林で囲まれた広大な自然農法による農場で主に収穫された作物を使い、北は自然豊かな日本の山中に自生する野草と薬草を原料に多く使用しています。

原材料生産国 日本・アメリカ・カナダ等

豊宝酵素で使用されている約230種類の植物原材料

「野菜」
アカカブ、アカピーマン、アボボラ、アケビ、アサイ、アシタバ、アスパラ、アボカド、イタリアンパセリ、ウド、エシャロット、オカヒジキ、オクラ、カイワレダイコン、カブ、カボチャ、カリフラワー、キクイモ、キャベツ、キュウリ、キョウナ、クリ、クレソン、クワイ、ゴーヤ、ゴボウ、コマツナ、サツマイモ(ナルトキントキ)、サトイモ、サヤエンドウ、サラダナ、シシトウ、シュンギク、ジュンサイ、ショウガ、シロウリ、シロナ、ズッキーニ、スペアミント、セリ、セロリ、タアサイ、ダイコン、タカナ、タケノコ、タマネギ、チンゲンサイ、ツケナ、ツルムラサキ、トウガン、トウナ、トマト、ナガネギ、ナス、ナノハナ、ニラ、ニンジン、ニンニク、ノザワナ、ハクサイ、ハス、パプリカ、ハヤトウリ、ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、マンジョッカ(キャッサバ)、ミズナ、ミツバ、ミニトマト、ミブナ、ミョウガ、ムラサキイペ、モヤシ、モロヘイヤ、ヤーコン、ヤマイモ、レタス、レッドキャベツ、レンコン、ワケギ

「果物」
アカブドウ、アセロラ、アンズ、イチゴ、イチヂク、ミカン、エルダーベリー、オレンジ、カキ、カボス、カリン、キイチゴ、キウイフルーツ、キョホウ、キンカン、グァバ、クランベリー、グレープフルーツ、サクランボ、ザクロ、スイカ、スターフルーツ、スダチ、スモモ、ドリアン、ナシ、ネーブル、ネクタリン、パイナップル、パッションフルーツ、バナナ、パパイヤ、ピオーネ、ビワ、ブラックベリー、プラム、ブルーベリー、プルーン、ブンタンミカン、ポンカン、マスカット、マンゴー、マンゴスチン、メロン、モモ、ヤマモモ、ユズ、ライチ、ライム、ラズベリー、レモン、ワイルドベリー、リンゴ

「穀物」
アズキ、イタリアキビ、インゲンマメ、ナガフローマメ(ササゲマメ)、エダマメ、エンドウマメ、オーツムギ、オートミール、オオムギ、カシューナッツ、キビ、クロインゲン、クロマイ、クロマメ、コメ(ハクマイ、ハツガゲンマイ)、ジャロ・フェイジョンマメ、ソラマメ、トウモロコシ(スイートコーン)、ナタマメ、ハトムギ、ヒエ、ヒヨコマメ、ポップコーン(爆裂種)、ムラサキインゲンマメ、ライムギ

「ハーブ」
アーティチョーク(チョウセンアザミ)、アップルミント、アニス、アマチャズル、アムラ、イタドリ(葉)、イタリアン 、ウイキョウ(葉)、ウイキョウ(種子)、ウコン(アキ)、ウマイナ(フダンソウ)、エキナセア(ムラサキバレンギク)、エルダーフラワー、オオバゲッキツ、オオバコ、オオムギワカバ、オールスパイス、オリーブ、オレガノ、オレンジミント、カキ(葉)、ガジュツ、カツアバ、カムカム、カモミール、カラシナ、ガラナ、カルケイジャ、カルダモン、カレンデュラ、キク、キャッツクロー、キャラウェイシード、クプアス、クマザサ、クミン、グラビオーラ(実)、クローブ、クワ、ケール、コウチャ、コールラビ(カブカンラン)、コナツ、ゴマ、コリアンダー、コロハ(種子)、サフラン、サンショウ(葉)、シナモン、シャペウ・デ・コウロ、ズイキ、スギナ、スグリ、セイヨウアンゼリカ、セージ、セーボリー、セスバニア、ダイズ、タイム、タヒボ、タラゴン、タラノメ、タンポポ、チェストツリー、チコリ、チャービル、ディル、トウガラシ、トサブンタン、ナツメ、ナツメグ、ネトル、ノビル、パセリ、パタデヴァカ、パッションフラワー、ハニーブッシュ、バニラ、パフィア、パラナッツ、バレイショ、ピカオプレト、ヒソップ(ヤナギハッカ)、ヒョウタン、ビワ(葉)、フキ(茎)、フキノトウ、ブルーグリーンアルジー、ベイリーフ、ヘチマ、ペッパー(ブラック・ホワイト)、ペドラウメカ、ベニノキ(種子)、ペパーミント、ホーリーバジル、ホップ、ポピー(種子)、マジョラム、マッチャ、マテ、マリーゴールド、マロウ、ムイラプアマ(葉)、ムルタベリー、メン、ヤロウ、ユウガオ、ユリネ、ヨモギ、ラッキョウ、ラベンダー、リコリス、ルイボス、レッドクローバー、レディズマントル、レモングラス、レモンバーベナ、レモンバーム、ローズ、ローズヒップ、ローズマリー、ワサビ

「きのこ」
エノキダケ、エリンギ、シイタケ、ハナビラダケ、ホンシメジ、マッシュルーム

「海藻」
コンブ、ネコンブ、ノリ、ワカメ

豊宝酵素は、
「新たな栄養素」を豊富に
含有していることが特徴です。

図230種類もの植物原材料を発酵・熟成させると、酵素(enzyme)や酵母・乳酸菌などの微生物の働きにより、「新たな栄養素(new nutrient)」が豊富に生成されます。この「新たな栄養素」は、腸内環境を整えたり、基礎代謝や免疫力を向上させるという生命活動を助ける貴重かつ希少な成分として働きます。

そして、一般的な酵素食品は、発酵・熟成にわずか1年程度の期間しか掛けていないため、その発酵はアルコール発酵と乳酸発酵までのものがほとんどです。

豊宝酵素は、一般的な酵素食品に含有されにくい「新たな栄養素」を生成させるため、独自の麹や酵母・乳酸菌等の微生物を用いて発酵・熟成に4年以上の歳月をかけて、酵素食品の最終発酵といわれる酢酸発酵まで行っているので、他の酵素食品は持ち合わせていない「新たな栄養素」も豊富に含有しています。

さらに、豊宝酵素は、全ての栄養素のクラスターが小さくなっている(すでに消化された状態)ので、吸収性が向上しており、他の植物の消化も助けます。

豊宝酵素は、他に類を見ない最高級酵素食品といえる逸品です。

日本ウエルネス酵素食品認定

豊宝酵素は、
日本ウエルネス協会の認定酵素食品として
認定されました。

認定酵素食品豊宝酵素は当協会の定める原材料安全規格、発酵・熟成規定を満たし、植物発酵原体を60%以上含有することから、日本ウエルネス協会の認定酵素食品(植物発酵食品)として認定する。
分類:濃縮酵素食品(濃縮植物発酵食品)
一般財団法人 日本ウエルネス協会 東京都新宿区新宿1-4-13

2017年、一般財団法人 日本ウエルネス協会は、厳格な基準のもと、優良製品と粗悪品を明確に差別化させるため、酵素食品認定制度を発足させ、豊宝酵素は、その厳格な認定基準をクリアし、酵素食品認定を取得いたしました。
厳しい第三者機関の認定を頂けたことは、豊宝酵素の品質が本物である証です。
認定証

一般財団法人 日本ウエルネス協会のホームページはこちら↓
ウェルネス協会HPへリンク
豊宝酵素に、どのような効果が期待できるのでしょうか?

~ エンザイム (Enzyme)と酵素食品の関係性がわかれば、なぜ豊宝酵素が必要なのかがわかります! ポイントは消化酵素と代謝酵素の節約です ~

ダイエット / 美容(お肌プルプルなど)/ 活力(目覚め・熟睡など)

これらは、いずれも基礎代謝や免疫力の向上と深くかかわるため、加齢により低下してしまいます。
加齢による低下を防ぎ、逆戻りをさせるには、エンザイム (Enzyme)と発酵・熟成させた酵素食品(植物発酵食品)の関係がとても重要で、それが源と言えるかもしれません。

豊宝酵素は、植物を発酵・熟成させた酵素食品(植物発酵食品)であり、エンザイム (Enzyme)そのものではありません。
では、エンザイム (Enzyme)とは、どのようなものなのでしょうか。

続きはこちらをクリックしてください

私たちは食事をして水を飲んで呼吸をして生きていますが、実は、酵素(Enzyme)というたんぱく質がなければ生命活動は維持できません。
まず、摂取した食べ物を消化して小腸から吸収できるようにする酵素を消化酵素といいます。たとえば、でんぷんを分解するのがアミラーゼ、たんぱく質を分解するのがプロテアーゼ、脂肪を分解するのがリパーゼという酵素です。また、人は生のでんぷんを分解する酵素を持たないので、生のご飯や小麦を食べると下痢をするのはそのためです。消化酵素によって食べ物を消化して小腸から吸収することで、生体に必要なエネルギー、あるいは生体物質を作っていくわけです。
次に、消化酵素によって作られたエネルギーを体の中で働かせる酵素を代謝酵素といいます。体を動かす、呼吸する、心臓が鼓動する、思考する、病気と闘う、肌や体を若々しく保つなど人が生きていく上で無数の代謝酵素が働いています。

酵素(Enzyme)の権威であるエドワード・ハウエル博士は、
「人間の寿命は大元の酵素(潜在酵素)の量によって決まる」と提唱しています。
つまり、大元の酵素(潜在酵素)が生まれた時から存在し、この大元の酵素(潜在酵素)が必要に応じて消化酵素と代謝酵素に変わり私たちの生命活動が営まれており、大元の酵素(潜在酵素)の量は生涯をとおしてその量が決まっているので全て使い切ると死んでしまうという提唱です。消化酵素も代謝酵素も食物から得られるものではなく、大元は潜在酵素であり使い切ると生命の終了を意味するということです。

では、消化酵素と代謝酵素の関係について考えてみましょう。
食べ過ぎや消化の悪い食事(揚げ物、焼いた肉)ばかりとっていると、消化するのに多くのエネルギーを費やさなければなりません。消化をするのにたくさんの消化酵素が消費されてしまうと、そのぶん代謝酵素が不足してしまうことになります。
つまり、消化酵素と代謝酵素はどちらか一方が多く消費されるともう片方が減少してしまうという相反関係にあるのです。
たとえば、消化酵素をたくさん消費して代謝酵素が減少すると、基礎代謝や免疫力が低下するので太ったり、体調不良、病気がち、肌荒れしやすくなったりします。元気や活力が薄れてしまうのです。過食の人は早死にすると言われる理由のひとつとして一生で決まっている量の大元の酵素(潜在酵素)が消化酵素として無駄に使われてしまうからです。
また、病気をしたり、風邪をひくと代謝酵素がたくさん必要になり消化酵素が不足するので食欲が減退します。ですから、消化酵素を節約できれば、そのぶん代謝酵素が増えるので健康、美容、長寿という百薬を手にいれることができるわけです。

しかし、先ほども述べたように、消化酵素は大元の酵素から作られているものであり、食品から消化酵素を賄おうとしてもそれは不可能です。
たとえば、大根などの野菜に含まれる消化酵素は肉などの消化を助ける役目もありますが、摂取した食物すべてを消化することから考えると微々たるものと考えたほうが良いでしょう。もし大量に消化酵素を外部から摂取すれば、酵素自体がタンパク質なので胃酸で分解されてしまい、運よく大量に小腸まで届いたとしても異種タンパクとして捉えられ排除されてしまうでしょう。
また、代謝に必要な代謝酵素も体内でのみ生産されるので、食物には存在しません。

酵素(Enzyme)とは、こういったものであるということを理解することが大切です。

では、日本に昔から定着している酵素食品(植物発酵食品)とはどんなものなのでしょうか。
これは漢方、果物、野菜、きのこ、薬草、穀物、豆類、海草等の植物もしくはその抽出液に糖類を加え、瓶などの中で発酵・熟成させた植物性発酵食品です。
発酵そして長期熟成させることで上記の植物や糖類がすでに消化された状態になり、「新たな栄養素」もつくりだされています。ですから、酵素食品(植物発酵食品)は食べるとすぐに吸収され、また他の食物の消化も助けてくれるので、消化酵素の節約に貢献してくれます。
また、「新たな栄養素」が豊富に含まれていれば基礎代謝や免疫力の向上に貢献するので、代謝酵素の節約にも寄与してくれるのです。
このような理由で酵素食品(植物発酵食品)が酵素(Enzyme)の働きを補ってくれるわけです。

日本では酵素食品(植物発酵食品)が昔から定着していて多くの愛飲者がいます。
近年では、テレビやインターネットでブレイクし、今売れているサプリメントランキングやダイエットサプリメントにおいて常に上位を占めています。 しかし、酵素というサプリメントは製造に手間と時間がかかり短期間では大量に生産できないため、熟成に充分な時間をかけない上にわずかな量の発酵原体を配合しただけの粗悪な酵素食品も多く流通してしまっており、このような商品では基礎代謝や免疫力の向上に役立つはずがなく、酵素(Enzyme)の節約に寄与してくれるはずがありません。

豊宝酵素は日本ウエルネス協会の基準をクリアした認定酵素食品です。
豊宝酵素の「新たな栄養素」は、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えたり、基礎代謝や免疫力を向上させるという生命活動に必須な条件として働きます。
腸内環境が整うと消化・吸収が正しく行われ、身体の細胞全体に栄養がいきわたり、すべての細胞が生き生きとします。
基礎代謝や免疫力が向上すると、太りにくい体質、肌はツヤとハリを得て、元気で活力に満ちた生活を取り戻します。
結果として、豊宝酵素の品質の高さが消化酵素を節約するだけでなく、体内に吸収されると代謝酵素が増えたような結果を期待することができるわけです。

品質の保証された豊宝酵素を毎日続けて摂取することで、大元の酵素(潜在酵素)の節約につなげて頂き、豊富酵素の願いであるHealth&Beauty Forever(永遠の美しさと健康)の実現につなげて頂ければ幸いでございます。

豊宝酵素の願い

豊宝酵素2・本品は、とろみのあるペースト状のものが5gずつ分包されています。
・目安として一日一包を空腹時にそのままか、水やドリンクに溶いてお召し上がりください。

内容量 1箱 150g(5g×30包入り)
保存方法 冷暗所に保存してください。
使用上の注意 食物アレルギーのある方は、原材料をご確認ください。
体質に合わない場合は、摂取を中止してください。
主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを心がけましょう。
本品には、オレンジ・パインアップル・リンゴ・バナナ・ニンジン・黒ゴマ・カシューナッツ・大麦・トウモロコシ・ヤマイモ・もも等を含みます。
原材料生産国 日本・アメリカ・カナダ・ブラジル等

栄養成分表示本品5g(1包中)

熱量 13.4kcal
たんぱく質 0.06g
脂質 0.02g
炭水化物 3.26g
食塩相当量 0.001g

豊宝酵素のご用命は、以下の豊宝酵素取扱いオンラインショップにてお買い求めください。

弊社サイトを模倣した偽サイトにご注意ください。
商品を注文し、注文したものと異なる模倣品が届いたり、商品が届かず返金もされないというトラブルを避けるためにも、下記の正規販売サイトよりご購入をおすすめいたします。